最新ネタバレ『呪術廻戦』222-223話!五条と宿儺の決戦が始まる!

呪術廻戦ファン待望の222話のネタバレ考察をお届けします。

五条と宿儺の壮絶な戦いが始まり、物語の緊迫感が高まっています。

最新話の展開や今後の予想について、詳しく見ていきましょう。

 

『呪術廻戦』222話!のネタバレ

それでは『呪術廻戦』222話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

五条と高専メンバーの様子

物語の前回の展開では、天使が「邪去侮の梯子」で獄門彊裏の封印を解除し、五条が復活しました。五条は羂索と再び対峙し、宿儺も羂索と五条の元に到着しました。五条は裏梅を一撃で倒し、再戦日が12月24日に決まりました。

宿儺と裏梅の会話では、宿儺の残りの指の在りかについて話されます。裏梅は最後の1本を見つけられず、宿儺は五条が持っていると推測しています。宿儺は条件として五条が宿儺の指を全て取り込んでから虎杖の死刑を延期することを要求しました。

羂索とコガネの会話では、羂索が死滅回游の泳者の数について尋ねます。コガネは61人と答え、羂索はその人数について感情を持たないことや、現実を常に瀬戸際として生きている人々に対する嫌悪感を口にします

五条と高専メンバーの会話では、五条が復活し、家入と伊地知と共に集まります。彼らは決戦の日に向けて団結し、準備を進めています。五条は七海の死を悼みながら、まだ仕事が残っていることを伊地知に伝えます。また、虎杖と日下部の組み手において、体が入れ替わっているような会話が展開されます。

これらの展開により、物語は決戦に向けて一層の緊張感と興奮を増しています。五条と高専メンバーの覚悟と絆、宿儺と裏梅の駆け引き、羂索の内面の葛藤など、次なる展開への期待を抱きながら次回の展開に胸を躍ります!

 

宿儺と裏梅の会話

宿儺と裏梅の会話では、宿儺が残りの指を探していましたが、最後の1本が見つからずに裏梅が謝罪します。裏梅は五条が最後の指を持っていると推測し、宿儺もその可能性を考えています。このやり取りから、五条が宿儺の指を全て取り込むことが条件となっていることが明らかになります。宿儺は虎杖の死刑を延期するためにこの条件を提示しましたが、実際には五条が既に指を手中に収めていることを宿儺は知っていました。

一方、羂索とコガネの会話では、羂索が死滅回游の泳者の数について質問します。コガネは61人と答え、羂索はその人数に驚きつつも感情を持たない態度を取ります。彼は人々が現実の厳しさに直面しながらも希望を持たずに死んでいくことを嫌悪しています。羂索は自らの言葉で現実と死について語り、その中で天元を名指しします。彼は天元に対して何かを訴えるかのような言葉を口にし、その胸中に秘めた思いが伺えます。

宿儺と裏梅のやり取りや羂索とコガネの会話は物語の闘いの前の準備と背景を描く重要な要素です。宿儺の指の行方や羂索の内面の葛藤は物語の進展に大きく影響を与えることでしょう。

 

決戦の日と高専メンバーの応援

決戦の日が訪れ、宿儺と裏梅が五条を待ち構える場面から始まります。宿儺は五条が五条悟VS宿儺の試合で忙しい間に死滅回游の泳者を狩るつもりであることを告げ、裏梅は羂索を追い出し、五条との対決に備えます。この緊迫した場面は読者にとって、物語のクライマックスに向けた重要な局面であり、次なる展開がどのように進行するのかについての期待を高めます。

一方、高専チームでは学生たちが五条を応援するためのエールを考えています。虎杖は術式を邪魔する特訓の方法を提案し、五条はそのアイデアに賛同し、学生たちに背中を叩かせるサインを出します。学生たちは一丸となって五条を応援し、彼が宿儺の元へ向かう姿を見送ります。このシーンは、主人公を支える仲間たちの結束や勇気を描きながら、感情の高まる場面です!

 

『呪術廻戦』ネタバレ222-223話のまとめ

呪術廻戦222話では五条と宿儺の壮絶な戦いが幕を開けます。

高専メンバーの結束と応援により、五条の戦いに大いなる期待が寄せられています。

次回の展開がますます注目されることでしょう。

続きが気になり、ワクワクしながら次回を待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』224話!五条悟vs宿儺の壮絶な戦いが続く!街の崩・・

⇒『呪術廻戦』223話!五条VS宿儺開幕!驚きの展開が続く!・・

⇒『呪術廻戦』221話!五条悟の復活と最終戦への展開!・・

⇒『呪術廻戦』220話!死滅回游終盤に五条の復活の鍵が明らかに・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA